自分で書けるようになるまで

プログラミングの勉強を始めました。

Gitを理解したい

早くも足止めを食らっています。

ちゃんと理解したいなと思って、下記のレッスンを参考にローカル開発環境でGitやってるのですが、

https://dotinstall.com/lessons/basic_git/6701

 

コマンド打ったら動くけど、何やってるかはわからん、となり

Pro Gitを読み始めました

https://git-scm.com/book/ja/v2

 

基本的なGitのワークフローは、このような風に進みます:

  1. 作業ディレクトリのファイルを修正します。

  2. 修正されたファイルのスナップショットをステージング・エリアに追加して、ファイルをステージします。

  3. コミットします。(訳者注:Gitでは)これは、ステージング・エリアにあるファイルを取得し、永久不変に保持するスナップショットとしてGitディレクトリに格納することです。

 

もしファイルの特定のバージョンがGitディレクトリの中にあるとしたら、コミット済だと見なされます。 もし修正されていて、ステージング・エリアに加えられていれば、ステージ済です。 そして、チェックアウトされてから変更されましたが、ステージされていないとするなら、修正済です。 

べんり!

 

まず、コマンドラインでのみ、Gitのコマンド群を*全て*実行できるからです。GUIの大半は、実装する機能を限定することで複雑になることを回避しています。 コマンドラインのほうを使えるようになれば、GUIのほうの使い方もおおむね把握できるでしょう。

 

なるほどたいへんだ!

 

なかなか開発本編に進めません。

でも一通りやってみることで、できないことが洗い出されるので良いことだなと思います。